ジョージア演奏旅行 その1 

アフター・アワーズ・セッションの初めての演奏旅行から、もう4か月経とうとしています。

あっという間の4か月でしたが、私たちのジョージア演奏旅行も目の回る忙しさでした。

 

まず今回のメンバーは、木管五重奏の面々(植田・大島・松原・世古宗・首藤)と打楽器の高鍋、ピアノの右近、そして現地でバブアゼと合流という8人でした。

日程は、3月27日に伊丹を出て羽田、成田経由でまずイスタンブールへ。 トルコ航空での移動です。
トランジットが8時間近くあるので、空港内のトランジットホテルで仮眠をとり、その後ジョージアの首都トビリシへ向かいます。

さてその頃、仕事の都合で28日に日本を発つ大島さんは、一人寂しく成田へ・・

 

先発隊は28日の夕方にはトビリシの空港でバブアゼさんと再会です。
そして、29日には大島さんも到着し、オケ合わせや大学でのワークショップを行いました。

 

左・ジェットコースターに乗っているかのように楽しそうなメンバー

右・トランジットホテルで「予約してる〇〇です」と英語を話す・・

 

上・イスタンブール空港では、本場のケバブやトルコアイスにトライ

下・空港どん突きのフードコートがみんなお気に入り

 

左・トビリシの空港にゴギさんがお迎えに来てくれました

右・夕暮れのトビリシの街

 

左・ワークショップの様子 オーボエを吹いているのはトビリシ音楽院の学生さんです

右・国立ジョージアンシンフォニエッタに管楽器のメンバーが加わりオケ合わせです